遺品整理士に遺品整理を依頼するメリットとは!?

遺品整理段ボールの画像

SHARE

Pocket

遺品整理は容易では無く、業者への依頼を検討している方も多いのではないでしょうか。どんな業者に依頼するか悩むのであれば、「遺品整理士」資格を持っている業者を検討することで、不用品の処分や相続などの法的な部分も、安心して任せることができるかもしれません。ここでは遺品整理士について解説すると共に、依頼するメリットなどを解説していきます。

遺品整理士について

良質な遺品整理業者には、遺品整理士資格保有者が在籍している傾向があります。

遺品整理士とは

遺品整理士は、遺品整理士認定協会が認定する民間資格です。遺品に関する法律、遺品供養に関する知識など、遺品整理に関する幅広い知識を有しています。遺品整理士は不用品の回収や処理とは異なり、生前に故人が使用した想いのこもった品を大切に扱うスキルや心構えを学んでいます。仕分けの際にも残すものと処分するものを遺族と相談しながら丁寧に仕分けてくれます。また不用品についても正しく分別・処分し、リサイクル社会に貢献する側面も持っており、日本では処分されてしまうような家具家電も海外リユースという形で循環させる業者も増えてきています。

【遺品整理士】仕事内容、資格取得の流れ、合格率、年収などを解説!

不用品回収業者との違い

遺品整理業者と不用品回収業者の大きな違いは、業務内容として対応できる範囲の広さです。基本的に、不用品回収業者は不用品の回収・処理を業務としています。一方、遺品整理業者は、遺品整理の専門家です。物品の分類や貴重品の探索など、依頼者の相談に応じて様々なサービスがあります。遺品供養や特殊清掃なども、遺品整理業者特有の業務内容です。

また、ハウスクリーニングや家屋の解体を請け負う業者もあり、幅広いサービス範囲が魅力です。さらに、遺品整理業者は、依頼者や故人への気持ちに配慮して行われます。そのため、不用品であっても、粗雑に扱うことはありません。丁寧かつ慎重な対応をしてくれます。

遺品整理士が必要とされる理由

需要の高まる背景

以前は遺族が行うことが多かった遺品整理ですが、高齢化や核家族化を背景に、体力的、時間的な問題から遺族だけでの遺品整理は容易ではなくなってきています。実家が遠方にあって遺品整理をしたくてもできない、整理判断に時間がかかってしまう、故人を思うと辛くなり手がつけられないなど取り巻く状況も様々です。また遺品整理では遺言書の捜索や、思い出の品の供養、デジタル遺品の扱いも重要な項目となってくるため、時間を要する作業となります。

大切な遺品を整理するためには、遺族の方の心に寄り添い、それにふさわしい心持ちで作業をすることが重要です。また、誠実かつ法令を順守した作業をしていくうえで、正しい知識や作業ノウハウを持つことも不可欠です。遺品整理を行う業者は、様々な知識やスキルを持ち、心配りができる必要があります。このような背景から遺品整理士という職業が注目されています。

遺品整理業界の現状

遺品整理サービスは、無免許・無資格でも参入や開業が出来てしまいます。しかしながら、遺品の買取やリサイクルなど、特定の分野では許認可も必要になります。今回ご紹介している遺品整理士に加えて、古物商許可証や廃棄物の収集についての許可です。古物商許可証は、遺品の買取や中古品の売買に関わる許可証です。また、ゴミの収集・運搬・処分には、廃棄物収集運搬許可証も必要となります。遺品整理に関係する法律は多く、遺品整理士の講座でも多くの関係法令について触れられています。関係する法令が多いからこそ、業者には法令の遵守が求められます。このように遺品整理は多くの知識が必要となることからこそ、遺品整理士が在籍している業者は安心して遺品整理を任せることができるポイントの1つとして考えて良いでしょう。

遺品整理士に依頼するメリットとデメリット

遺品整理士に依頼できること

遺品整理士が行う仕事には、残された遺品の仕分け、不用品の適切な回収・処理といった内容に加え、買取・リサイクル、遺品供養や整理後の簡易清掃も含まれます。基本的な業務以外にも、整理後のリフォームやハウスクリーニング、不動産の仲介などの業務依頼、弁護士、税理士、司法書士といった法務関係の専門家と連携し、相続などについての相談を可能とする業者もあります。

メリット

遺品整理士は遺品を丁寧に取扱い、また廃棄物やリサイクル品の扱いに関する専門的な知識があります。限られた時間の中で遺品を丁寧に扱い、法令に則った適切な処理を依頼することができるため、遺品を勝手に処分・換金したり、不法投棄するようなことはありません。遺品整理士は遺品整理のプロですので、遺族が遺品整理するよりも迅速に、確実に整理が行えます。

デメリット

1番のデメリットは、自分で整理するより費用がかかってしまうことです。そのため、依頼する際には、短縮できる時間・作業と費用の費用対効果を考えましょう。また、遺品整理は、故人を偲ぶ時間ともなる作業です。いくら遺品整理士が遺族に寄り添い片づけをしてくれるとはいっても、依頼するとことで遺品整理が短時間で終了するため、気持ちの整理がつきにくいことは懸念せざるおえません。

【遺品整理】費用相場について徹底解説

まとめ

出来れば自分自身で遺品整理を行いたい気持ちはあっても、様々な理由により作業が進まない、また、遺品整理を行おうとしても、自治体のゴミの回収やリサイクルセンターなどの利用については交通手段や曜日・時間帯といった制約が付きまとうなど、遺品整理は容易な作業ではありません。特に、早急に遺品整理をしなければならない時には、専門業者に依頼をすると良いかもしれません。そして、いざ依頼するとなったときの目安として、遺品整理士の資格をもっているかを考慮のポイントとしてみてはいかがでしょうか。